FC2ブログ

シンガポールが世界有数の観光大国となった理由とは?『カジノIR長者.com』|詐欺師&詐欺『暴露』!クソ情報商材『撲滅』!情報弱者をカモにして大金をせしめる、クソゴミ詐欺師共は逮捕すべき!騙し取られた大金を返金させ、駆逐せよ!!!

シンガポールが世界有数の観光大国となった理由とは?『カジノIR長者.com』

こんにちは。

『詐欺商材撲滅委員会』

委員長の信長です。


こんなオファーが来ていました♪

少しご覧になってみてください。



2010年に

カジノリゾートが解禁されてから

アジア随一の観光大国となった

シンガポール。



シンガポールには

2箇所のカジノリゾートがあり、

多くの観光客が訪れております。


1箇所は、3本のタワーホテルの屋上が

船の形に連結され、

天空のプールが楽しめる

マリーナベイ・サンズ。


もう1箇所は、

地上がユニバーサルスタジオで

地下がカジノになっている

リゾートワールド・セントーサです。


カジノリゾートを解禁してから

2009年には970万人だった

観光客が2017年には1740万人と

約8割も増加しております。


また、国際会議の開催件数も

開業から5年間で、

23%も増加
したそうです。


では、なぜシンガポールは

成功できたのでしょうか?


それは、カジノというギャンブル色を

薄くしたことが

大きな要因だと言われております。


シンガポールが力を入れたのは、

ノンゲーミング施設という

カジノ以外の施設だったのです。


国際会議場、ショッピングモール、

レストラン、

映画館、遊園地、ホテルなどです。


つまり、

カジノ以外の点を重視したことで

観光客からの注目を集めた
のです。


一般的には多くの観光客が

カジノを楽しみますが、

周りの施設を重視することで

付加価値を上げたのです。


それこそがシンガポールが

成功した理由なのです。


そして日本のカジノもシンガポールを

お手本にするのではないか?

といわれております。


日本の技術やサービスの質を考えると

カジノ以外の施設を充実させることは

十分に可能です。


他にも、「おもてなし」などの

日本の伝統や文化を発信することで、

外国人観光客を誘致することも

考えられています。


日本は世界有数の経済大国で、

2017年には2869万人もの観光客が

訪れました。


このような観点から

日本のカジノリゾートは、

世界最大級のマーケットに

なり得るといわれ、

大手の外資系企業も

日本への参入を虎視眈々と

狙っております。


また、これから

人口減少が進む日本において、

観光産業の発展は

非常に重要な財源となってきます。


また、カジノIRが

誕生することによって、

900種類の職種と

10万人以上の雇用が

生まれるといわれております。


日本経済の活性化の為には、

カジノが起爆剤となりえることは

容易に予想できます。


ちなみに、

なぜ私がこれほどまでに

世界のカジノ市場について

知っているかというと、

カジノIRに特化した

情報配信サービスに出会ったからです。

↓カジノIR長者.com
図1


カジノIR長者.comは

通常では手に入らないような

カジノIR投資に関する

秘匿情報をほぼ毎日配信してくれます。


しかも、「完全無料で」です。


登録者数が増えれば

有料となる可能性もあり得ますが、

現時点では

無料で登録可能
となっております。


ちなみに、有料でも

利用する価値があるほどの

濃密な内容の情報を

提供しているのです。


あなたも、少しでも

カジノIR投資に

興味があるのであれば、

カジノIR長者.comが無料のうちに

必ず登録しておいてください。



↓カジノIR長者.com
図1



あとは賢明なる読者の

ご判断にお任せ致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【厳選された無料レポート付き!
管理人のオススメはこちら♪】

↓↓↓

⇒基礎からのYouTube攻略法

※ド素人が月30万を稼いで脱サラできた
初心者にも分かりやすいノウハウを
期間限定で無料公開中!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☟【起業を目指す方に最適!】


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最後までお読み頂き、

誠にありがとうございましたm(_ _)m


※優良商材を探しておられる方は
コチラも併せてお読み下さい。

⇒おススメ『優良商材』一覧



※上記は全て管理人の独断と偏見による見解でありますのであしからず(^o^)

※この記事を購読した事による一切の責任は読者様にあり、
これにより生じた如何なる事象に関して管理人は一切の責任を負いません。

※本ブログに掲載された全記事の無断転載、公開を禁じます。
関連記事

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます