FC2ブログ

世界5大金融会社の仮想通貨業界参入に 業界が湧いています。『仮想通貨長者.com』|詐欺師&詐欺『暴露』!クソ情報商材『撲滅』!情報弱者をカモにして大金をせしめる、クソゴミ詐欺師共は逮捕すべき!騙し取られた大金を返金させ、駆逐せよ!!!

世界5大金融会社の仮想通貨業界参入に 業界が湧いています。『仮想通貨長者.com』

こんにちは。

『詐欺商材撲滅委員会』

委員長の信長です。


こんなオファーが来ていました♪

少しご覧になってみてください。




10月15日、世界最大級の金融企業、

Fidelity Investmentsが

仮想通貨業界に参入するため、

新規関連会社を設立したことが

わかりました。


Fidelityは70年以上の歴史を持ち、

約800兆円の資産管理を任されている

世界5大金融サービスプロバイダー


Fidelityが仮想通貨業界にどう参入し、

私たち仮想通貨ユーザーには

どんなメリットがあるのか?


Fidelityが展開予定となっている

仮想通貨関連サービスは、


・仮想通貨取引プラットフォーム
・機関投資家基準のカストディ
・ノンストップでの機関投資家向け
アドバイス対応



の3つです。


特に注目したいのは、

機関投資家基準のカストディです。


カストディとは「保管」を意味します。

つまり機関投資家が安心して

利用できるレベルの、

仮想通貨の保管、管理サービスを

提供するということです。


CoincheckやZaifなど複数の取引所が

過去ハッキングを受けたことを考え

信頼できる企業による

カストディサービスの導入は、急務



機関投資家が納得するレベルの

カストディサービスが導入されれば

仮想通貨市場には約2兆円の

資金流入が見込めると

試算されています。


2兆円もの資金が

仮想通貨市場に流れ込めば、


昨年末以上の仮想通貨バブルが

起こる可能性もありますね。


Fidelityのような世界最大級の企業が

仮想通貨カストディに参入する事で

機関投資家からの資金流入は、

飛躍的に高まる
でしょう。


Fidelityが今回設立した

新会社の本格的稼働は、

2019年初頭とされています。


これから来年が楽しみになります。


機関投資家が本格的に

仮想通貨業界に参入すれば、

いよいよ仮想通貨業界は

成熟したと言えます。


業界の健全化、成熟は

朗報ではありますが、

完全に成熟してしまうと、

旨味を抜きにくくなります。


取引所上場前のコインと同じです。


保有を検討していた

新興コインを買い逃し

利確できなかった方、

昨年末の仮想通貨バブルを

逃した方は、

これ以上チャンスを

逃さないようにしてくださいね。


来るチャンスを逃さないためにも

情報感度は常に

高めておく必要があります。


しかし、忙しい毎日を過ごしながら

情報収集に勤しむのも大変ですよね。


そこでお勧めしたいのが、

こちらの情報配信サービスです。


☟仮想通貨長者.com
図1



仮想通貨長者.comでは

仮想通貨の市場情報から

アルトコインの情報まで

仮想通貨に関わる

ありとあらゆる情報が提供中



しかも完全無料で、です。


情報の濃密さ、配信頻度、

ボリュームからして、

おそらくそのうち

有料サービスになるかと思います。


ですので、今のうちに

無料会員として登録

しておくことを強くお勧め
します。


再度訪れるチャンスを逃さない為にも

今すぐこちらのURLから

登録してください。

☟仮想通貨長者.com
図1



あとは賢明なる読者の

ご判断にお任せ致します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【厳選された無料レポート付き!
管理人のオススメはこちら♪】

↓↓↓

⇒基礎からのYouTube攻略法

※ド素人が月30万を稼いで脱サラできた
初心者にも分かりやすいノウハウを
期間限定で無料公開中!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☟【起業を目指す方に最適!】


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最後までお読み頂き、

誠にありがとうございましたm(_ _)m


※優良商材を探しておられる方は
コチラも併せてお読み下さい。

⇒おススメ『優良商材』一覧



※上記は全て管理人の独断と偏見による見解でありますのであしからず(^o^)

※この記事を購読した事による一切の責任は読者様にあり、
これにより生じた如何なる事象に関して管理人は一切の責任を負いません。

※本ブログに掲載された全記事の無断転載、公開を禁じます。
関連記事

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます